Thursday, June 26, 2014

ファンドレイジング・日本2015(FRJ2015)講師の公募枠募集開始!

ファンドレイジング・日本2015(FRJ2015)
┃講師の公募枠募集開始!
http://jfra.jp/publicoffering-of-lecturer2015/
┗━・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アジア最大のファンドレイジングの成功事例が集まる場、
 
 「ファンドレイジング・日本2015」(FRJ2015)では、今年も講師の公募枠を募集します。
http://jfra.jp/publicoffering-of-lecturer2015/

自薦・他薦を問わず、日本・海外で実際に取り組まれている
ファンドレイジングの成功事例をご紹介いただける講師の方を
広く募集しております。この機会に、ぜひともご応募ください。

【募集内容】
 2015月2月14日(土)~ 15(日)のなかで、
 80分のセッションを発表いただける方(最大で8枠)

【募集期間】
 2014年6月26日(木)~ 7月25日(金) ※必着

【特  典】
 1)講師本人と同伴者2名までファンドレイジング・日本2015、
   2日間の参加費と懇親会費が無料になります。
 2)首都圏以外にお住まいの場合、講師ご本人の交通費実費と
   宿泊費1泊分を日本ファンドレイジング協会が負担します。

【応募方法】
 規定の「応募用紙」に必要事項をご記入の上、
 講演内容を補足説明する資料(例:新聞記事、チラシなど)も必ず添付し、
 締切日(7月25日(金))までに必着で事務局宛てにお送りください。
 ※講師公募申込書のダウンロードはこちら
  ⇒ http://jfra.jp/frj/2015/docs/FRJ2015_application.doc

【募集の詳細】詳しくは応募要項をご覧ください。
  ⇒ http://jfra.jp/frj/2015/docs/FRJ2015_requirements.pdf

【お問い合わせ先】
 日本ファンドレイジング協会(担当:小室)
 住所:〒105-0004東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302号
 電話:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591 http://jfra.jp frj@jfra.jp

Friday, June 13, 2014

Update on ARI program review


I have been fortunate to be able to work with ARI since the beginning of 2013 on a program evaluation. and we have had the collaborative support of the Fetzer Institute for this 1.5 year review of a rural leaders training program that has been going on for 40 years!

I have just completed a year long process of interviews, surveys and material review. The core goals was see the impact of the training program on graduates but we focused on many questions relevant to the development of ARI and to the goals of Fetzer.

Interviews and discussions were on the following themes: participant motivation, leanrings, how the training impacted thinking and behaviours, learnigns which could be used upon return, and graduate stories and how the training program’s values promote greater tolerance. This was also a chance to get feedback on the curriculum, recruitment and selection, organizational systems and to update contact information.

We developed a core of questions on these themes for each group: participants, graduates, volunteers and staff. The initial interviews in April 2013 were integral as we aimed to find out more about each staff and participants relationship to and perception of the organization, training and expectations. Such initial visits and interviews in Spring 2013 were also aimed at developing rapport and trust so that subsequent interviews and contact would yield deeper and more meaningful results. 

The target number was for feedback was set at 100 grads and 100 participants, with at least 25 being in depth. After one year the totals are more than 120 participants data sources, and more than 135 unique graduates interviews (110) and surveys (68) from and plus at least 10 staff and former staff members from persons at different levels of the organization

 Through my trips to Sri Lanka in January and the Philippines in April 2014, I was able to develop a deeper, richer understanding of the value of the ARI training program. Gettin



g the stories directly from the graduates as well as seeing where and how they work was instrumental in connecting many of these themes which arose in the graduate interviews completed in Sept at the time of the 40th anniversary celebration, the feedback given by email and the discussion had with graduates on the phone in Fall 2013.

April 3-17 I traveled through the Philippines starting the center then heading north for the ARUGa meeting finishing my visits in Mindanao. I am very fortunate to have been welcomed so warmly by graduates in the Philippines where I immediately felt at home and was taken to their work places be they farms, churches, NGOs or educational groups. Being there for the graduate association meeting also allowed me to not only meet many people at once, do many interviews but also to see the how the graduate association functions and understand their importance. Such networks show that not only do graduates support each others work but that they also continue to learn from each other and enhance impact the impact of their work at the local community level and more broadly at regional or national levels. We spent one day with graduates getting information about their works challenges and sharing resources and then the following day visiting a number of sites. The GA concluded with a short session planning the next meeting.

Now is the difficult work begin – currently I am groups the data with hopes that through the summer I can produce reports – both internal and external for ARI. On July 1, I will give an overview report to ARI staff and in Sept give a more public report. Graduates will have access to the public report once that is ready. At the same time we are looking into several outside opportunities to not only share the information from this assessment but to broaden the reach of ARI by showcasing the learnings and impacts of the ARI graduates.

Wednesday, June 11, 2014

休眠預金活用促進に向けた全国キャラバン


休眠預金活用促進に向けた全国キャラバン
6/16(月)名古屋・大阪、6/17(火)福岡、6/18(水)仙台
━・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
年間800億円に及ぶ休眠預金を活用し、
社会の課題を解決してい こうというムーブメントが高まっています。
その象徴として、4月下旬に超党派の議員連盟が結成されました。

民間ソーシャルセクター有志によって結成された「休眠口座国民会議」は
この議連結成を祝いつつ、ここから国民的議論を全国的に広げていき、
真に国民のためになる法案になるよう、後押ししていこうとしています。

このお金で「どんな人たちを助けていくのか」「どのようなことを大切にするのか」等、
話し合っていきたいと思っています。
一緒に新たな共助社会を創造していきませんか?

協会から、鵜尾雅隆代表理事がお伺いします。
みなさんのご参加をお待ちしています!

【名古屋】
休眠預金活用推進フォーラム in あいち
~休眠預金が創造する新たな共助社会~
2014年6月16日(月) 10:00~12:00
@日本政策金融公庫 名古屋支店
◆申込◆
http://kokucheese.com/event/index/178199/

【大阪】
休眠預金活用推進フォーラムin大阪
~休眠預金が創造する新たな共助社会~
2014年6月16日(月)18:30~20:30
@ブリーゼプラザ
◆申込◆
http://goo.gl/QFzsKs

【福岡】
休眠預金活用推進フォーラムin福岡
~休眠預金が創造する新たな共助社会~
2014年6月17日(火)18:30~20:30
@アクア博多
◆申込◆
http://goo.gl/CDEZHT

【仙台】
休眠預金活用推進フォーラムin仙台
~休眠預金が創造する新たな共助社会~
2014年6月18日(水)18:30~20:30
◆申込◆
http://goo.gl/QaAEtf

Monday, June 09, 2014

「ファンドレイジング、失敗の本質 ~失敗事例から学ぶ教訓」

会員限定】第47回ファンドレイジング研究会
「ファンドレイジング、失敗の本質 ~失敗事例から学ぶ教訓」
6/11(水)18時半~

今回の研究会では、具体的にどんな事例が話されるのか?
皆様、気になっていることかと思います。
そこで講師に概要をうかがってみました!

・400万人が参加した「ホワイトバンド」キャンペーンは、
 何故、大批判をあびてしまったのか?

・米国9.11の被害者のための数千億円の寄付を集めた米国赤十字は
 何故、全米をあげた大批判を受けることになってしまったのか?

・地域の主要NPOの総意で立ち上ったコミュニティファンドが、
 何故、予想外の経営危機に陥ってしまったのか?
・しかし、その後「たった一つのこと」を変えることで
 「V字回復」を実現できたのは何故か?

こうした失敗事例を通じてファンドレイジングの「本質」に迫ることができる
「日本初」の機会となっております。

また、特別ゲストの黒田かをりさんより、ホワイトバンドのキャンペーンの「社会責任報告書」を
配布していただけることになりました。
事務局内のスタッフも、この報告書を読んで大興奮!!
ファンドレイザーにとって大きな学びとなること間違いありません

成功事例だけではなく「大きな成功の陰にある、大きな失敗の可能性」を
知ることの出来るこの貴重なチャンスをどうぞお見逃し無く!

講師 鵜尾雅隆 日本ファンドレイレイジング協会 代表理事/認定ファンドレイザー

ゲスト黒田かをり 一般財団法人CSOネットワーク 事務局長・理事

◆詳細・申込◆
http://jfra.jp/2014/05/15/frk_47/

Friday, June 06, 2014

(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン/Free the Children Japan updates!

世界の子どもたち:
フィリピン大型台風被災地域のこどもたち。
└─┴────────────────────────────────────
2013年11月にフィリピンを襲った大型台風(ヨランダ)によって被害を受けた地域への
、緊急・復興支援の状況を把握するために、プロジェクト地域を先月5月18日から1週間
訪問しましたのでご報告します。

復興までの道のりはまだまだ長く険しくなるだろうことを感じずにはいられませんでし
た。しかし、被災地の子どもたちはたくましく、過ごしていました。

続きはこちらから↓↓↓
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1033


6月の活動日:活動ヒント講座、スタツア、スタツア説明会等
└─┴────────────────────────────────────

6月のイベント情報です!
お友だちもお誘いの上、是非ご参加ください♪

■6/7児童労働反対をみんなで訴えよう!テイクアクションパレード
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1028

■6/12活動ヒント講座&団体説明会 テーマ「児童労働」
http://ftcj.jugem.jp/?eid=873

■6/14 2013年度総会&活動報告会、インドスタッフの講演会
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1026

■6/15めっちゃ学校行きたいねん!御堂筋ウォーク2014
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1022

■6/14(大阪)大阪メンバー主催:児童労働について考えるワークショップイベント
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1027

■6/26締切 インドスタディーツアー(8/18~22)
http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/India2014summer.html

■6/26締切 ケニアスタディーツアー(9/5~11)
http://www.ftcj.com/get-involved/study-tour/Kenya2014%20summer.html

■ケニア&インド スタディーツアー説明会
日時:6月21日17:30~19:00
場所:フリー・ザ・チルドレン・ジャパンオフィス
お申込み:https://ws.formzu.net/mfgen/S11261645/
※タイトルに「日付、インドスタツア説明会」とご記載をお願いします。

■毎週木曜日ボランティアデ―■

FTCJでは毎週木曜日にボランティアデーを設けています。
14:00から20:00までの間お好きな時間にお越しください♪

発送作業やシール貼り、スパイスのパッキングなどをお願いします!

申し込み:https://ws.formzu.net/mfgen/S11261645/
質問などある方は、お気軽に事務局までご連絡ください。

一緒に活動できることを楽しみにしています!
┌─┬────────────────────────────────────
││活動報告:「サイレント募金」を行いました!
└─┴────────────────────────────────────

活動報告が届きました!
----------------------------------------------

インド学校建設プロジェクトチームと、募金チームで企画をして
「サイレント募金」を行いました!

今回集まったお金は、インド学校建設に使わせていただくことにしました。

マスクに×マークを書いて、「サイレント募金」の説明のちらしや、
横断幕を持って活動しました。


当日はなんと!17人の方が参加をしてくれました!
募金は、12500円集めることが出来ました!
みなさま、ご協力ありがとうございました!

最初は、声を出せないことや、予め決めておいた活動場所があまりよくなかったことも
あり、
街の人にあまり関心を持ってもらえませんでした。

つづきはこちらから
http://ftcj.jugem.jp/?eid=1019

----------------------------------------------------

活動は個人、グループ、支部、お友達と、などどんな形でも構いません!みんな
が取組んだ活動をたくさんの人に紹介しよう♪

<<メンバーの活動報告はこちらからご覧いただけます>>
http://ftcj.jugem.jp/?cid=9

活動報告をしたい!という方はこちらからご報告ください↓
http://www.ftcj.com/about/memberactivereport.html

┌発行:(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン/Free the Children Japan
〒157-0062東京都世田谷区南烏山6-6-5 3F

TEL&FAX03-6321-8948
email: info@ftcj.com
web:http://www.ftcj.com/